PR広告

  

Posted by at

2020年10月28日

童磨 コスプレ衣装 【鬼滅の刃】 cosplay (どうま) 上弦の弐 羽織 戦闘服

もはや日本を代表する「文化」になりそうな「コスプレ」。2003年に名古屋で開催された「世界コスプレサミット」以来、世界中に広がり、今や外務省?国土交通省の後援を得るなど、年を追う毎に【コスプレ文化】が大規模化しているのを知っていましたか?

もはや「オタク」だけではない、皆が気軽に楽しめる文化として定着しつつあるコスプレですが、やはり初心者には敷居が高いのは当然です。

今回は、ちょっと気になるけどやってみたい、そんな人におすすめのコスプレをご紹介しましょう。

童磨 コスプレ衣装 【鬼滅の刃】 cosplay (どうま) 上弦の弐 羽織 戦闘服


童磨 コスプレ衣装 【鬼滅の刃】 cosplay (どうま) 上弦の弐 羽織 戦闘服

商品詳細
商品種類:アニメcosplay衣装
商品状態:新品未使用
セット内容:画像の通りになります。
コスプレ人物:童磨(どうま)【鬼滅の刃】
使用場所:パーティー、イベント、ゲーム、撮影会、出演活動、治療、トレーニング
収納方法:他の衣類と同じく、清潔に乾燥を保ち、鋭い物によっての破れを避けてください。


人物紹介:
童磨とは漫画『鬼滅の刃』に登場する人喰い鬼である。鬼舞辻無惨配下の精鋭十二鬼月の次席。“上弦の弐”の席位に従い左目に「上弦」、右目に「弐」の文字が刻まれている。人間社会では万世極楽教という宗教の教祖として振る舞っている。そして、胡蝶しのぶの姉、胡蝶カナエに致命傷与えて殺した男である。作中ではほとんどの場面で笑顔で、喜怒哀楽の感情が無いことが特徴的。
購入リンク:https://www.costowns.com/douma-p_409.html

COSTOWNSは鬼滅の刃のコスプレ衣装種類豊富取り揃えています。掲載されていない商品は、オーダーメイド致します。その際は衣装の詳細情報と各角度の写真をメールでお知らせください。スタッフさんが確認後折返しのご連絡を致します。

COSTOWNSのコスプレ衣装は厳選の素材を使い、着心地が重視しています。アニメや漫画、ゲームキャラクター衣装のデザイン高再現度がお客様に満足いただけるように、担当の裁縫師がひと工夫しており、最高のコスプレ衣装を出品いたします。

コスプレイベントに参加するコスプレヤーを全力で応援するため、 即日発送、週必着や返品交換などの安心サービスを提供いたします。困ることがございましたら、問い合わせでご相談ください。

イベント会場で鬼滅の刃のコスプレをするあなたが全力でサーポートを致しますので、コスプレ衣装の購入ならコスプレ衣装通販専門店COSTOWNSをご利用下さい。

公式サイト:https://www.costowns.com/devils-blade-c_31.html
良い商品:
全員 コスプレ衣装 【五等分の花嫁】 cosplay 共通 旭高校制服 上着
上杉風太郎 コスプレ衣装 【五等分の花嫁】 cosplay (うえすぎふうたろう) 制服

欧米諸国を始め、東アジア諸国では韓国・中国・台湾・香港・東南アジア諸国等でコスプレを行う層が増えている。

世界コスプレサミットなどにおける各国での予選会場の中には、日本人から見ると想像もつかないほどの盛り上がりとなっているところもある[30]。それには、日本人のコスプレに対するイメージが「オタクがやるもの」に対して、世界各国のコスプレに対するイメージが「何かになりきってみんなで騒ぐのは最高」という、コスプレに対するイメージの違いが大きいとする意見がある。

Japan Expoにおけるアニメ作品やコスプレイヤーの参加などの影響もあって諸外国では「日本発の新たな文化」と見られる節が強いが、モチーフとなっている作品によってはキャラクターの流血や部位破損等の表現が問題視されることもある。また、他国の異文化に対する差別思想の対象となることもある。各種のアニメコンベンションではアメリカン・コミックスや『スター・トレック』、『スター・ウォーズ』のような自国の作品のみならず日本発祥の作品のコスプレも行われる。イタリアの古都ルッカにおいても1966年に始まったヨーロッパ最古の「ルッカ・マンガ&ゲームフェスティバル(it:Lucca Comics & Games)」でコスプレが行われている。

中国では、日本の漫画やアニメを愛好する者によるコスプレ(角色扮演)が行われる。中国政府は危機意識やビジネスチャンスなどを踏まえた上で、国家事業としてコスプレイベントの全国大会である角色扮演嘉年華(コスプレカーニバル)を毎年主催している。中国には様々な題材で仮装して劇を行う文化があり、角色扮演は同好会を作って数人でキャラクターに扮し、寸劇を行うことを意味している。台湾や韓国等でも同人誌即売会やイベントが開催され、日本作品のコスプレも行われている。  


Posted by cos_shops at 21:01Comments(0)